スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スワップ金利とは?

スワップ(swap)とは、日本語で「交換」という意味です。



スワップ金利とは、異なる2種類の通貨を売買することによって生じる
金利差のことです。

通貨を交換する取引であれば、金利についても当然交換することに
なります。
各国の金利は異なりますので、買った通貨の金利を受け取る権利と、
同時に売った通貨の金利を支払う義務が生じるので、その差額分が
スワップポイントとして清算されるのです。




例えば、日本円で米ドルを購入すると、米ドルの金利を受け取る権利
と、同時に日本円の金利を支払う義務が生じるわけです。


仮に、円の金利が1%、ドルの金利が5%だとして、この状態で円を
売ってドルを買うと、その金利差の4%分のスワップ金利を受け取る
ことができます。

逆に、ドルを売って円を買うと、4%分のスワップ金利を支払わなければ
なりません。




つまり、低金利通貨で高金利通貨を買えば、金利差の調整分を
スワップ金利として受け取ることができるわけです。

逆に、高金利通貨で低金利通貨を買えば、金利差の調整分を
スワップ金利として支払う必要が生じるわけです。




簡単に言い方をすれば、スワップ金利は外貨預金の利息に相当する
ものだと思って頂いてよいと思います。


これが、スワップ金利です。


スポンサーサイト

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

吉沢 薫

Author:吉沢 薫
某金融会社センターで働いております。
FXには以前から興味があり、現在勉強を始めたばかりです。
私も初心者ですが、一緒に学んで夢を掴み取りましょう。


性格:
真面目で穏やかな性格です。
(他人に注意することができないのが玉に瑕。)


趣味:
映画鑑賞
(でも最近、映画館へ行く機会がめっきり減りました。)

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。