スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

円高?円安?

「円高」「円安」という概念はなんとなく理解しにくいですよね。


ニュースの中で
「今日の外国為替市場は,前日より 50銭円高ドル安の 1ドル 110円 50銭です。」
とかよく言っています。


ということは

今日は・・・ 1ドル = 110円 50銭
昨日は・・・ 1ドル = 111円


なのですが、なんで 111円が 110円 50銭下がったのに円高になるの?
下がったのに、高い。

この言葉の矛盾(?)が外国為替を始めるにのあたって理解しにくいところ
ではないかと思います。



例えば、買い物をしたとしましょう。
(現在の為替レート 1ドル 100円とします。)

オレンジが 1個買うとします。

日本円で買うと 100円。ドルで買うと 1ドル。 100円 = 1ドルですよね。
それが極端な話、為替レート 1ドル 10円になったとすると、今まで 100円
出さないと買えなかったオレンジが 10円で買えるようになります。

10円玉が 100円の価値に上がったことになりますよね。

レートが 100円から 10円に下がったと言うのは、円の価値が上がった
ことなのです。


逆に、ドルの場合には 1ドル 100円の価値があったのが、1ドル 10円の価値に
下がってしまった。

これが円高ドル安ということなのです。



ですから、為替レートが下がると「円高」レートが上がると「円安」になる訳です。


テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

吉沢 薫

Author:吉沢 薫
某金融会社センターで働いております。
FXには以前から興味があり、現在勉強を始めたばかりです。
私も初心者ですが、一緒に学んで夢を掴み取りましょう。


性格:
真面目で穏やかな性格です。
(他人に注意することができないのが玉に瑕。)


趣味:
映画鑑賞
(でも最近、映画館へ行く機会がめっきり減りました。)

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。